中華スマートウォッチ「Diggro DI03 Plus」使い方




Diggro DI03 Plus

スマートブレスレット使っていたのですが
上位機種が欲しくなりDI03を購入しました。

見た目は完全に時計です。スマートウォッチには見えません。

DI03の主な機能としては、
カスタマイズ可能なウォッチフェイス
気分に合わせて、タッチスクリーンの文字盤をカスタマイズ。

タッチスクリーン機能
Eメール、電話、メッセージ、全てを指先で操作できます。

心拍計

内蔵センサーにより心拍を監視測定することができます。
またスマホと連動させることで、ボタン押すことなく、不快な胸ストラップをかける必要もなく、
自動的に毎日記録していくことができます。

本体裏側にあるセンサーで血液流動する時の血管内ボリュームの変化を測定することにより
心拍数を読み取ります。そしてトレーニング中の心拍数を記録することで、
適切な運動強度の維持、ペース調節、過度なトレーニングの防止に役立ちます。

心拍数トラッカーの着用方法は次のとおりです。

1 日中:バンドを手首に着け、前後にスライドするように緩めに着用します。
トレーニング中:バンドと手首の隙間は指が 2、3 本入る程度の隙間を作っておくと、
きつすぎず緩すぎません。

アラーム
振動か音声かに関係なく、起床やワークアウトのためにアラームを設定
(それ以外のタイミングのリマインダーも可能)。

リモートカメラ&リモート音楽
Bluetooth経由でスマートウォッチは携帯のカメラと音楽プレーヤーを遠隔操作することができます。
ウォッチに音楽を同期させ、手首から鳴り響く音楽を楽しめます。
また遠距離の撮影や友達と写真を撮る時など、スマホのシャッターを押しにくい場合がありますよね。
こういう時はただスマートウォッチのスクリーンをタッチすることで、撮影可能です。すごく便利です。

充電方法
接続式充電用マグネットの上に本体を置くだけで、簡単に充電できます。
ご注意:充電する時は5V、1Aの充電器によって充電するのはお勧めます。
大きな電流を出力する充電器を利用すると短路になる恐れがありますので、ご遠慮下さい。

デザインは
スポーツタイプとしてもカジュアル使いとしてもできるような感じ。

セット内容

DI03スマートウォッチ
専用充電ケーブル
多言語ユーザーマニュアル
(日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、スペイン語)

製品情報

ブランド:Diggro
モデル:DI03
リストバンド素材:ステンレス
画面:HD LCD
ケース素材:亜鉛合金
正味重量:54g
ダイヤルサイズ:4.7×4.7×1.35cm
バンドサイズ:8.8×12.5×2.0cm
CPU:MTK2502C
タッチスクリーンサイズ:容量性タッチ
表示サイズ:1.3インチフルサークルIPS HD LCD
解像度:240×240ピクセル
ブルートゥース:Bluetooth VER3.0 / 4.0
電池:230mAh
動作モード:G + F容量タッチスクリーン
充電時間:80分間
スタンバイ時間:7日間以上
稼働時間:2日間以上
RAM:128MB
ROM:64MB
スピーカー:サポート
マイクロフォン:サポート
Gセンサー:サポート
コンパス:なし
SIMカード/ SDカード:サポートしません
カメラ:なし
言語:日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、スペイン語
パッケージサイズ:9.0×9.0×8.6cm
重量:205g